当ホームページではjavascriptを使用しています。
javascriptの使用を有効にしなければ、一部の機能が正確に動作しない恐れがあります。
お手数ですがjavascriptの使用を有効にしてください。



現在位置:  ホーム > よくある質問トップページ > 分野から探す > 安全・都市基盤 > 上下水道 > 水道水は、どのくらい保存できるのですか。


ここから本文です。

上下水道 よくある質問

ID番号 5000362 更新日  平成26年11月12日  印刷

質問 水道水は、どのくらい保存できるのですか。

回答

震災以降、水道水を保存される方が増えています。保存期間(安全期間)の目安は以下のとおりです。水道水の、細菌類に関する安全性については、残留塩素の有無をもって指標としています。また、水道水の飲用については、水道じゃ口から直接使用された場合のみを、想定しています。この事を前提として、保存水の安全性を判断しますと 、

  1. 清潔な容器に水道水を満たし、密栓をした後冷暗所に保存した場合、1週間程度残留塩素が残ります。熱処理(煮沸)をしなくても飲用できます。
  2. 長期間(3ヶ月未満)保存された場合、事前に熱処理(煮沸)したのち飲用することをお薦めします。
  3. 上記1、2に示した期間についてはあくまで一般的な解釈です。容器の汚れの有無、貯蔵の仕方、季節等により短くなることもありますのでご注意ください。
  4. 一般にいわれる備蓄水(非常用水)については、生水(なまみず)として飲用することだけを前提とした物ではありません。水道水の安全性とは一線を画してください。

このページに関するお問い合わせ

上下水道局 施設部 浄水課
〒665-0032 宝塚市東洋町1番3号 上下水道局庁舎2階
電話:0797-73-3689 ファクス:0797-72-6381
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



Text Only Options

このページのトップへ


SimpleWeb メニュー

このページのオリジナル版を表示する