当ホームページではjavascriptを使用しています。
javascriptの使用を有効にしなければ、一部の機能が正確に動作しない恐れがあります。
お手数ですがjavascriptの使用を有効にしてください。



現在位置:  ホーム > 環境 > 環境・生活 > イベント・お知らせ > 特定外来生物オオキンケイギクの駆除を行いました


ここから本文です。

特定外来生物オオキンケイギクの駆除を行いました

ID番号 1012610 更新日  令和1年6月26日  印刷

特定外来生物「オオキンケイギク」の駆除を行いました

逆瀬川にて特定外来生物「オオキンケイギク」の駆除を行いました

特定外来生物「オオキンケイギク」

2019年5月25日(土曜日)に、「生物多様性セミナー ~特定外来生物オオキンケイギクから自然環境を守る~」を、宝塚市自然保護協会との共催で行いました。

セミナー前半は、ウェル西山にて「外来生物とは?なぜ駆除が必要か」と題して講演会を、続いて後半は、実際に逆瀬川上流(なかよし橋~西山橋付近の河原)に降り、オオキンケイギクの駆除を参加者全員で行いました。

当日は、49名の市民の方がこのイベントに参加してくださいました。

ウェル西山での講演会の様子

講演会の様子

「外来種とは?なぜ駆除が必要か」と題して、宝塚市自然保護協会 足立 勲 氏にご講演いただきました。

作業風景

駆除をしている様子

グループに分かれ、みんなで作業にとりかかりました。
種子をとばさないように注意しながら、根ごと抜くように駆除しました。

駆除前と駆除後の比較

駆除前の様子
駆除前の様子です

駆除後の様子
駆除後の様子です

駆除結果

除去したオオキンケイギクの総重量は、123kgでした!

刈り取ったオオキンケイギクは、ごみ袋に密封させた状態でクリーンセンターに搬入し、焼却処分をしました。

特定外来生物を生きたまま運搬することは原則禁止とされています。ただし、以下の要件を全て満たすものについては、外来生物法の「運搬」には該当しません。

ア) 防除した特定外来生物である植物を処分することを目的として、ごみの焼却施設等(最終処分場、収集センター等を含む)に運搬するものであること
イ) 落下や種子の飛散等の逸出防止措置が運搬中にとられているものであること
ウ) 特定外来生物の防除である旨、実施する主体、実施する日及び場所等を事前に告知するなど、公表された活動に伴って運搬するものであること

※詳しくはこちら

(参考)オオキンケイギクって??

オオキンケイギクは北アメリカ原産の多年草で、1880年代に観賞用・道路緑化用として輸入されました。ところが、繁殖力が強く、日本の在来種である野草を駆逐するようになりました。そのため、2006年に「特定外来生物」に指定されました。

「特定外来生物」についてはこちら ↓↓

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。 Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

環境部 環境室 環境政策課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号
電話:0797-77-2070(環境保全担当) 0797-77-2072(公害担当)
ファクス:0797-71-1159
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



Text Only Options

このページのトップへ


SimpleWeb メニュー

このページのオリジナル版を表示する