当ホームページではjavascriptを使用しています。
javascriptの使用を有効にしなければ、一部の機能が正確に動作しない恐れがあります。
お手数ですがjavascriptの使用を有効にしてください。



現在位置:  ホーム > 環境 > 動物の飼育 > 犬やねこ等ペット動物の飼い方について


ここから本文です。

犬やねこ等ペット動物の飼い方について

ID番号 1000742 更新日  令和1年5月31日  印刷

ペットを飼うにあたって

近年、犬やねこをはじめとする、ペットの鳴き声やフン尿等をめぐるトラブルが多発しており、その有効な対策がないことから大きな社会問題となっています。

とりわけ、ねこについては、法律等による規制がないことから、犬のように鎖でつないでおく等の飼い主への義務規定がないため、家の外と中を自由に行き来し、他人の敷地内にフン尿をしたり、ごみ箱あさりをしたり等、結果的に市民生活に直接影響するような事態が起こっております。

また、登録制度がなく、飼いねこであるか飼い主のいないねこであるかの、判別ができない事が、それに対する有効的な対策を検討する際に、問題をより難しくしてしまっているのが現状です。

あらゆる動物の飼い主や、動物に接する人のひとりひとりが、動物の習性を理解した上で、他人に迷惑をかけないよう、ルールを守った正しい接し方・飼い方に努める必要があります。

あなたのその行動や心がけひとつで、あなたの周りにいる可愛い動物たちが、誰にも嫌われないようになるかどうか、変わってくるのです。

今回は、特に多く飼われている犬とねこについて、習性や飼うにあたっての注意事項をご紹介します。



Text Only Options

このページのトップへ


SimpleWeb メニュー

このページのオリジナル版を表示する