当ホームページではjavascriptを使用しています。
javascriptの使用を有効にしなければ、一部の機能が正確に動作しない恐れがあります。
お手数ですがjavascriptの使用を有効にしてください。



現在位置:  ホーム > 教育・子ども・人権 > 男女共同参画 > 男女共同参画の視点に立った表現ガイドライン


ここから本文です。

男女共同参画の視点に立った表現ガイドライン

ID番号 1000450 更新日  平成31年3月28日  印刷

平成14年度(2002年度)に作成、平成20年度(2008年度)に改訂したこのガイドラインは、男女共同参画をめぐる社会状況の変化等に対応するとともに、より理解しやすいものとするために、平成30年度(2018年度)に再度見直しを行い、改訂しました。

本ガイドラインは、本市「男女共同参画推進条例」第8条の規定及び、平成18年(2006年度)5月策定、平成28年(2016年度)3月に改訂した「男女共同参画プラン」に基づき、男女共同参画の視点を踏まえて、公文書、ポスター等を作成するための考え方や方向性を示したものです。情報を発信する際、男女共同参画の視点に立って、どのような表現が問題なのか、より適切に表現するためにはどうしたら良いのか、ぜひ参考にしてみてください。

また、平成30年度(2019年度)の改訂ではイラスト集を新たに作成しました。このイラスト集は、規約を守っていただければ、男女共同参画の視点に立ったイラストを、無償で、だれでも、自由に使っていただけます。趣旨をご理解の上、積極的にご活用ください。

男女共同参画の視点に立った表現ガイドライン
男女共同参画の視点に立った
表現ガイドライン(表紙)

イラスト集(一部抜粋)
イラスト集の一部

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。 Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

総務部 人権平和室 人権男女共同参画課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁2階
電話:0797-77-2013(人権相談に関すること) 
0797-77-9100(人権啓発・男女共同参画・平和施策に関すること)
ファクス:0797-77-2171
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



Text Only Options

このページのトップへ


SimpleWeb メニュー

このページのオリジナル版を表示する