当ホームページではjavascriptを使用しています。
javascriptの使用を有効にしなければ、一部の機能が正確に動作しない恐れがあります。
お手数ですがjavascriptの使用を有効にしてください。



現在位置:  ホーム > 教育・子ども・人権 > 図書館 > 認知症にやさしい図書館


ここから本文です。

認知症にやさしい図書館

ID番号 1030663 更新日  令和1年9月27日  印刷

「認知症にやさしい図書館」を目指して

10月から、市立図書館は窓口全員認知症サポーターです。安心してご利用ください。

認知症サポーターがいます

市立図書館では、たとえ認知症になったとしても、ご本人もご家族も、安心してご利用いただける図書館であること、「認知症にやさしい図書館」を目指しています。
10月から、中央図書館と西図書館の貸出・返却カウンターの職員全員が認知症サポーターとして、ご利用の皆さんに応対させていただきます。認知症サポーターは、認知症に対する正しい知識と理解を持ち、地域で認知症の人やその家族に対して、それぞれができる範囲での手助けを行います。
認知症に対して読書がもたらす効果については、様々な形で公表されており、認知症を理由に図書館利用の道が閉ざされるようなことがないように、以下のような取組を進めていきます。

(1) 窓口職員は全員「認知症サポーター」として、認知症に対する正しい知識と理解を持って接します。
(2) 地域包括支援センターと連携することにより、家族も含めて「困っている人」の相談に応じ、必要であれば地域包括支援センターとの橋渡しをします。
(3) 申し出があった方には、図書館内で誰が応対してもわかるようにしておき、ご家族と連絡をとるなど、ご本人にもご家族にも安心して利用してもらえるような体制をとります。
(4) 11月から、「認知症を理解するために」と題して、様々な認知症に関する啓発イベント、及び認知症の方にも参加いただけるイベントを実施します。

認知症サポーターとは

認知症サポーターとは
認知症サポーターは、認知症に対する正しい知識と理解を持ち、地域で認知症の人やその家族に対してできる範囲で手助けをします。国では、「認知症サポーター」を全国で養成し、認知症高齢者等にやさしい地域づくりに取り組んでいます。
認知症サポーター養成講座は、地域住民、金融機関やスーパーマーケットの従業員、小、中、高等学校の生徒など様々な方に受講いただいています。

認知症サポーターに期待されること
1.認知症に対して正しく理解し、偏見をもたない。
2.認知症の人や家族に対して温かい目で見守る。
3.近隣の認知症の人や家族に対して、自分なりにできる簡単なことから実践する。
4.地域でできることを探し、相互扶助・協力・連携、ネットワークをつくる。
5.まちづくりを担う地域のリーダーとして活躍する。

エイジフレンドリー・シティ宝塚 認知症を理解するために

11月から、「認知症を理解するために」と題して、認知症に関する啓発イベントと認知症の方にも参加いただけるイベントを、中央図書館で順次に開催します。

エイジフレンドリーシティー宝塚

第1回 映画で知る認知症 (1)  11月3日(日曜日) 13:30~16:00
・『ペコロスの母に会いに行く』上映会
・簡単な劇中の症例についてのお話、参加者による意見交換会
・認知症サポーターと養成講座の紹介(どういうものか)

第2回 映画で知る認知症 (2)  11月9日(土曜日) 13:30~16:00
・『わが母の記』上映会
・簡単な劇中の症例についてのお話、参加者による意見交換会
・認知症サポーターと養成講座の紹介(どういうものか)

第3回 市民のための認知症サポーター養成講座(90分) 11月16日(土曜日) 13:30~15:30
「認知症に対する正しい知識と理解を持ち、地域で認知症の人やその家族に対して、できる範囲で手助けする」認知症サポーターの養成講座。

第4回 「たからづか思い出カフェ」 12月2日(月曜日) 13:30~15:00
・宝塚の昔なつかしい写真を見ながら、それにまつわる思い出を話し合うカフェ。
・なつかしい物や写真、映像を見て思い出を語り合う回想法は、脳を活性化し情緒を安定させ、長く続けることで認知症の進行予防やうつ状態の改善につながる可能性があるといわれています。今回は図書館のマチ文庫(特に昔の宝塚を扱ったもの)を題材に昔を回想します。

第5回 「認知症ってな~に?」 子どものためのエイジフレンドリー講座
12月7日(土曜日) 13:30~14:30(出入自由)

・紙芝居やおはなしで認知症について学びます。(児童室)
・子どものための「認知症サポーター養成講座」も今後、予定しています。

※ 第1回~第4回は 中央図書館集会室(清荒神駅前)、第5回のみ児童室
※ 各回とも認知症に関する本を集めて展示、貸出も行います。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 社会教育部 生涯学習室 中央図書館
〒665-0836 宝塚市清荒神1丁目2-18
電話:0797-84-6121 ファクス:0797-81-0598
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



Text Only Options

このページのトップへ


SimpleWeb メニュー

このページのオリジナル版を表示する