当ホームページではjavascriptを使用しています。
javascriptの使用を有効にしなければ、一部の機能が正確に動作しない恐れがあります。
お手数ですがjavascriptの使用を有効にしてください。



現在位置:  ホーム > よくある質問トップページ > 分野から探す > 安全・都市基盤 > 上下水道 > 川下川ダムの水は市内配水量の何割ぐらいを占めていますか。


上下水道 よくある質問

ID番号 5000349 更新日  平成30年9月4日  印刷

質問 川下川ダムの水は市内配水量の何割ぐらいを占めていますか。

回答

水道水をつくるために川下川ダムから取水した量は、平成28年度(2016年度)の1年あたり約644万立方メートルでした。市内全配水量が1年あたり約2,440万立方メートルでしたので約26%を占めています。ただし、ダム水はその年の降雨量によって流入量に大きな差があり、渇水年であった平成6年度(1994年度)の割合は約20%にとどまっています。

ちなみに平成28年度(2016年度)の各水源別の配水量比率は、川下川ダム水(26%)、武庫川等表流水(12%)、深井戸水(31%)、浅井戸水(9%)、県水(22%)となっています。

このページに関するお問い合わせ

上下水道局 施設部 浄水課
〒665-0032 宝塚市東洋町1番3号 上下水道局庁舎2階
電話:0797-73-3689 ファクス:0797-72-6381
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



Text Only Options

このページのトップへ


SimpleWeb メニュー

このページのオリジナル版を表示する