当ホームページではjavascriptを使用しています。
javascriptの使用を有効にしなければ、一部の機能が正確に動作しない恐れがあります。
お手数ですがjavascriptの使用を有効にしてください。



現在位置:  ホーム > よくある質問トップページ > 分野から探す > こんなときには > 引越・住まい > こどもの扶養義務者が単身赴任で市外転出する場合、福祉医療費助成の手続きが必要ですか。


引越・住まい よくある質問

ID番号 5000608 更新日  平成26年11月12日  印刷

質問 こどもの扶養義務者が単身赴任で市外転出する場合、福祉医療費助成の手続きが必要ですか。

回答

手続きが必要です。福祉医療費助成制度(老人医療を除く)は、別世帯であっても、配偶者・扶養義務者として登録されている方の所得を判定の対象とします。配偶者・扶養義務者が転出して別世帯となる場合は、市役所窓口サービス課または市内のサービスセンター・サービスステーションへ届け出てください。

このページに関するお問い合わせ

市民交流部 市民生活室 医療助成課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁1階
電話:0797-77-2064(福祉医療・福祉金担当) 0797-77-9103(後期高齢者医療担当)
ファクス:0797-77-2085
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



Text Only Options

このページのトップへ


SimpleWeb メニュー

このページのオリジナル版を表示する