ニュースリリース

2017年11月01日

戻る

2017年11月01日
森ビル株式会社

六本木ヒルズ・表参道ヒルズでApple Payを導入

森ビル株式会社は、本日11月1日(水)、当社が管理運営する六本木ヒルズと表参道ヒルズ(一部対象外店舗あり)にてApple Payを導入いたします。2018年3月には、ヴィーナスフォート、ラフォーレ原宿、虎ノ門ヒルズ、アークヒルズ等、当社が管理運営する全商業施設の物販・飲食店舗にて導入する予定です。

171101_1.jpg

より快適なライフスタイルの提案をヒルズから

当社は、住む、働く、遊ぶなど、様々な都市機能を高度に複合させたコンパクトシティを都市づくりのコンセプトに掲げています。今回のApple Payの導入により、多様な方々が集う“都市”において、Apple Payでのスピーディでキャッシュレス(※)な買い物が可能になり、忙しいオフィスワーカーをはじめ、買い物やお食事で訪れる方に、より快適なライフスタイルをお届けします。
※2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催を踏まえ、政府は、今年6月に策定した「未来投資戦略2017」において、キャッシュレス比率を27年までに4割程度まで拡大させることを重要目標に掲げています。

あらゆる活動の舞台である都市は最先端技術における絶好の実験場であり、当社は今後も、六本木ヒルズをはじめとした“ヒルズ”を舞台に実践を重ねながら、都市とライフスタイルの未来を描き続け、国際都市・東京の磁力向上に貢献してまいります。

Apple Payとは
Apple Payはいつでもより簡単に、クイックに、そして安心、安全に、交通機関での利用やお支払いにご利用いただけます。設定は簡単で、お客様は引き続きお使いのクレジットカードの特典などをご活用いただけます。Apple Payは安全性と個人情報保護について高いレベルの配慮がなされています。
店舗でのお支払の際にiD/QUICPayをご利用される旨を店員の方にお伝えください。Touch IDに指を載せたままiPhone 7以降をリーダーに近づけるだけで支払いが完了します。Apple Watch Series 2以降でお支払いされる場合にはサイドボタンを2回クリックしてからリーダーに近づけてください。
安全性と個人情報の保護はApple Payの基礎となる重要な要素です。iPhoneやiPad、Apple Watchを紛失した場合でも、「iPhoneを探す」機能で紛失モードに設定していただくことで、簡単にApple Payのご利用を一時停止することができます。リモートワイプ(遠隔消去)を実行していただくことで端末に保管されるApple Payを含む個人情報をすべて消去することもできます。iCloud.comにログインし、Apple Payの支払いを停止することもできます。Apple PayをiPhone等の端末に設定した場合も、お客さまがお持ちのクレジットカード番号はお客さまのデバイスやAppleのサーバーに保管されることはありません。お客さまの端末には、各デバイス固有のアカウント番号が発行され、暗号化された状態で安全にデバイス内のセキュアエレメントに保管されます。Apple Payをご利用いただく際、お客さまのクレジットカード番号が、加盟店に通知されることはありません。

PDFデータ(319KB)

本件に対するお問合せ先

森ビル株式会社 広報室

住所 〒106-6155 東京都港区六本木6丁目10番1号 六本木ヒルズ森タワー私書箱1号
TEL 03-6406-6606
FAX  03-6406-9306
E-mail koho@mori.co.jp

このページのTopへ


Text Only Options

このページのトップへ


SimpleWeb メニュー

このページのオリジナル版を表示する