ニュースリリース

2018年05月10日

戻る

2018年05月10日
森ビル株式会社

【表参道ヒルズ】キース・ヘリング生誕60年記念 特別展
「Pop, Music & Street キース・ヘリングが愛した街 表参道」

表参道で披露したパフォーマンスの写真を8月9日(木)から世界初公開

表参道ヒルズは、8月9日(木)から8月19日(日)の期間中、本館B3F スペース オーにて、2018年に生誕60年を迎える伝説のストリートアーティスト、キース・ヘリングの特別展「Pop, Music & Street キース・ヘリングが愛した街」を開催します。

ウォーホルやバスキアなどと同様に、1980年代のアメリカ美術を代表するアーティスト、キース・ヘリング。ニューヨーク地下鉄構内の広告板に落書きをする《サブウェイ・ドローイング》というグラフィティ・アートで一躍脚光を浴びた彼は、1990年に31歳の若さで亡くなるまで、絵画や彫刻、アニメーション、レコード・カバーに至るまで幅広い作品を残しました。中でもポスター・アートに注目したヘリングは、核放棄やエイズ予防、LGBTのカミングアウトを促すナショナル・カミングアウト・デーなどの社会的な作品から、アブソルート・ウォッカやスウォッチなどの商業的な作品まで、ポスターだけで100点以上を制作しました。また、「アートはみんなのもの」をモットーに、1986年にオリジナルグッズを発売する《ポップショップ》をニューヨークに開店。1988年にはニューヨークの1号店に続き東京・青山にもショップをオープン。当時ストリートパフォーマンスが流行していた表参道の歩行者天国で、路上にチョークでドローイングをするパフォーマンスも行い、話題を呼びました。

本展では、中村キース・ヘリング美術館が所蔵するオリジナル・ポスターをはじめ、ハウスミュージックやパンクロックのレコード・カバーなど、約70点を東京で初展示。また、彼が表参道の路上にドローイングする貴重な姿を捉えた秘蔵写真約30点を世界初公開します。その他、会場内には《ポップショップ》を彷彿させるブースが登場し、グッズ販売も実施。アートを通して多くの人とコミュニケーションをとりたいという願望を持っていたヘリングが、ドローイングのパフォーマンスを通し、人々と言葉を超えたコミュニケーションを図った思い出のストリート、表参道。そのシンボルとして、アートやカルチャーを発信し続ける表参道ヒルズで開催される本展にて、ヘリングが生涯をかけて送り続けたメッセージに思いを馳せつつ貴重な作品の数々をご堪能ください。

180510_1.jpg
表参道で披露したパフォーマンスの写真(世界初公開)1988 180510_2.jpg

詳細はPDFデータをご覧下さい(554KB)

本件に対するお問合せ先

森ビル株式会社 表参道ヒルズ運営室 プロモーションチーム

TEL 03-3497-0292
FAX  03-3497-0318

このページのTopへ


Text Only Options

このページのトップへ


SimpleWeb メニュー

このページのオリジナル版を表示する