安全・安心

  • 再開発前の六本木6丁目地区 → 六本木ヒルズ
  • 再開発前の六本木6丁目地区 → 六本木ヒルズ

森ビルは、「逃げ出す街から逃げ込める街へ」のコンセプトのもと、大規模再開発の特性を活かして、災害に強い安全・安心の街、開発地域のみならず周辺地域への貢献も果たす防災拠点を目指し、オープンスペースや交通インフラの整備等、都市基盤の整備をはじめ、ハード、ソフトの両面にわたる様々な対策を講じています。

建物を集約して広い空間生む

阪神淡路大震災では、古い木造住宅が密集した地域で家屋の倒壊、火災の延焼などにより甚大な被害が発生しました。大型の直下地震の発生が予想されている東京など、都市における木造住宅密集地域の整備は喫緊の課題となっています。細分化した土地を統合し、分散していた建物を集約して超高層化することで、地上に広いオープンスペースを生み出すことができます。

  • 再開発前の地区内路地 → 再開発により地区幹線道路を整備(六本木けやき坂通り)
  • 再開発前の地区内路地 → 再開発により地区幹線道路を整備(六本木けやき坂通り)

ハードからソフトまで

建物には、制振壁、制振ダンパーなど、現在考えうる最高レベルの耐震性能を持たせ、万が一のために自家発電システムなども導入します。また、災害用井戸や備蓄倉庫等の整備とともに、街全体での定期的な防災訓練の実施により、地域の防災拠点として機能します。建物の耐震化と同時に、広い公園や道路を整備し、災害に強く、かつ環境にも優れた都市基盤を整備する。これが森ビルが提案する都市づくりの基本的な考え方です。

震災に関する取組み

「安全・安心」は、地震や台風などの災害多発国である日本の最重要かつ喫緊なテーマです。
首都・東京を襲う直下型地震の発生確率も高まっています。私たちの命と財産を守るうえでも、世界から人、モノ、金、知恵、情報を集めるうえでも「災害に強い都市への再生」は欠かせません。
都市防災に対する発想も、「逃げ出す街」から「逃げ込める街」へ転換すべきです。都市のグランドデザインを描き、それにそって順次再開発などを進め、老朽化した都市基盤や細街路を整理しながら、世界トップクラスの耐震技術を使って創り替えていけば、災害時の防災拠点ともなります。私たちは「災害時に逃げ込める街」への転換を提言し、実行しています。

東日本大震災における森ビルグループの支援活動

東日本大震災発生後、六本木ヒルズ、表参道ヒルズをはじめとする商業施設では、チャリティイベントの開催や復興支援活動に対するスペース提供、被災地への支援物資の提供、義援金の受付等様々な支援活動を行ってまいりました。募金活動に際し、皆様からあたたかいご協力をいただきありがとうございました。

これまでの安全・安心

森ビルは、平成16年3月26日に六本木ヒルズ森タワーの回転扉で起きた悲しい事故から、事故再発防止、そして森ビルが管理・運営する施設全般の安全強化に向け、ハード、ソフトの両面における安全・安心を全社一丸となり進めております。

このページのTopへ


Text Only Options

このページのトップへ


SimpleWeb メニュー

このページのオリジナル版を表示する