• home
  • MORINOW
  • 逃げ込める街・六本木ヒルズで社員400名による総合震災訓練実施

MORI NOW 森ビルの今をお伝えします

2017年09月04日

逃げ込める街・六本木ヒルズで社員400名による総合震災訓練実施

森ビルは、「防災の日」となる9月1日(金)、六本木ヒルズにおいて社員約400名が参加する総合震災訓練を実施しました。
外国人居住者の多い港区エリアの防災力向上を目的として、近隣の関係機関との連携強化を進めており、今回は初めてアメリカ大使館職員が訓練に参加し、森ビル社員と同様の訓練を体験しました。

当社では、「逃げ出す街から逃げ込める街へ」をコンセプトに、災害に強く、周辺地域の防災拠点としての役割も果たす安全・安心な街づくりを目指し、ハード、ソフトの両面から様々な取組みを進めています。
「逃げ込める街」を運営する立場として、毎年、「防災の日(9/1)」前後に実施している「森ビル総合震災訓練」では、機器操作や有事の対応についての習熟を図るとともに、震災への意識向上に努めています。当日は、全社員の1/3にあたる約400名とアメリカ大使館職員が、震災用身装備品を着用して訓練に参加。複数のグループに分かれて、心肺蘇生・AED、応急手当、救急搬送、消火器、防災用井戸の運用など、災害時の初動期に必要となる活動を順番に体験し、その技術を習得しました。

170904_1.jpg
社員400名が参加した総合震災訓練 170904_2.jpg
心肺蘇生・AED

170904_3.jpg
消火活動 170904_4.jpg
救急搬送

このページのTopへ


Text Only Options

このページのトップへ


SimpleWeb メニュー

このページのオリジナル版を表示する