• home
  • MORINOW
  • 「建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」森美術館で開催中

MORI NOW 森ビルの今をお伝えします

2018年05月07日

「建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」森美術館で開催中

4月25日(水)から9月17日(月・祝)まで、森美術館で「建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」を開催しています。

いま、世界から注目されている日本の建築。本展ではその本質に迫るべく、日本の建築を読み解く鍵と考えられる「可能性としての木造」「超越する美学」「安らかなる屋根」「建築としての工芸」「連なる空間」「開かれた折衷」「集まって生きる形」「発見された日本」「共生する自然」の9つの特質で構成し、古代から現代まで脈々と引き継がれる遺伝子を考察します。
貴重な建築資料や模型だけでなく、原寸大で再現された千利休作の茶室・国宝《待庵》や、実際に座ることができるモダニズムの名作家具で構成されたブックラウンジ、最新のテクノロジーにより日本建築の空間概念を3Dで体感できるライゾマティクス・アーキテクチャーの作品など、体験型のインスタレーションも展示。

縄文の住居から最新の現代建築まで100プロジェクト、400点を超える多彩な展示資料を通して、未来へ伝えたい日本建築の多様性と可能性に迫ります。

このページのTopへ


Text Only Options

このページのトップへ


SimpleWeb メニュー

このページのオリジナル版を表示する